イソフラボン サプリメント
サプリメント・健康食品情報「アンチエイジング」                           サイトマップ                                                         
 「アンチエイジング」トップ > イソフラボン 

イソフラボン

【イソフラボンの働き、健康効果】
イソフラボンは大豆の胚芽に含まれるポリフェノールの一種で、化学構造が女性ホルモンのエストロゲンに似ているので、植物エストロゲンとも呼ばれています。
エストロゲンは更年期障害と深く関わっています。女性ホルモンであるエストロゲンは、閉経前から減少しはじめますが、エストロゲンが少なくなると、発汗異常やほてり、動悸、のぼせ、めまい、イライラ、頭痛、肩こりなどの症状(不定愁訴)が現れることがあります。
イソフラボンの適切な摂取は、これらの更年期症状を軽減させる効果があり、さらにイソフラボンが持つ抗女性ホルモン作用が、過剰なエストロゲン分泌による乳がん発症のリスクを抑えると言われています。
また、エストロゲンは骨量にも関係していて、エストロゲンが減少すると骨粗鬆症の危険性が高くなりますが、これに対してもイソフラボンが役立つとされています。他にもイソフラボンにはコレステロールを抑えて動脈硬化を予防したり、男性にも役立つパワーを持っています。

【関連する症状・病気】
更年期障害の症状緩和  骨粗鬆症  骨や歯の強化  動脈硬化  がんの予防  美容・美肌

【イソフラボンの摂り方・注意点】
大豆イソフラボンを摂る場合、妊娠中や妊娠計画をお持ちの女性は、サプリメントによる摂取は控えましょう。
骨を強くしたい方、骨粗鬆症を予防したい方は、カルシウム・マグネシウム、ビダミンDを併せて摂るといっそう効果的です。

厚生労働省薬事・食品衛生審議会の新開発食品調査部会は、2006年6月、「食事以外で摂取する大豆イソフラボンは、1日当たり30ミリグラムが上限」とする目安量を、特定保健用食品(トクホ)と健康食品に適用するという指針をまとめました。
指針は、1日当たりの摂取目安量が30ミリグラムを超えないように設定し、製品のパッケージに、含有量と「妊婦、授乳中の女性、乳幼児・小児は摂取しない」「過剰摂取しない」などの注意事項を表示するよう求めています。豆腐や納豆など一般の大豆由来食品は対象外。
今回の指針の理由については、イソフラボンは、骨粗しょう症などの予防効果が期待される一方、過剰摂取が発がんの危険性を高める可能性もあるとされることからです。

【関連する栄養素】
月見草油  カルシウム・マグネシウム

イソフラボンのおすすめ製品はこちら *詳しくは画像か製品名をクリック
カネボウ コンニャクゼリー プルジュレ ジュレ イソフラボン 180g*30個入り カネボウ コンニャクゼリー プルジュレ ジュレ イソフラボン 180g*30個入り (カネボウフーズ) 「カネボウ コンニャクゼリー プルジュレ ジュレ イソフラボン 180g*30個入り」は、コンニャク粉を配合する事で、歯ごたえのある食感を実現したゼリー飲料です。100gあたり、イソフラボンを8.4mg配合。 ネイチャーメイド 大豆イソフラボン ネイチャーメイド 大豆イソフラボン (大塚製薬)
大豆イソフラボン1粒25mg含まれています。遺伝子組み替えでない大豆を使用しており、香料、着色料、防腐剤は一切使用していません。
マトリックスサプリメント どっしり洋なし型サプリ マトリックスサプリメント どっしり洋なし型サプリ (ジェネシスヘルスケア)
「マトリックスダイエット どっしり洋なし型サプリ」は、大豆イソフラボン、カプサイシンなどの成分を配合したサプリメントです。食生活のサポートとしてお役立てください。
ブラックジンガー 黒大豆の精 徳用 ブラックジンガー 黒大豆の精 徳用 (シガリオ)
黒大豆に含まれているアントシアニン、イソフラボン、レシチン、サポニンをはじめ、ビタミン、ミネラルなどの複合成分を、黒大豆特有の味と薫りを楽しみながら、珈琲感覚で摂取できる健康飲料です。
豊年 大豆イソフラボン30 90粒 豊年 大豆イソフラボン30 90粒 (J-オイルミルズ)
大豆イソフラボン、ローヤルゼリー、ビタミンE、レシチンを配合した栄養補助食品です。30代からの女性にお勧めです。

イソラコン 120錠*3個 イソラコン 120錠*3個 (ニチモウ)
「イソラコン 120錠*3個」は、大豆イソフラボンアグリコンを1錠に10.2mg含んだ発酵大豆含有食品です。約3ヶ月分の120錠*3個入り。発酵大豆胚芽抽出物を原料としました。遺伝子組み換え大豆不使用。


症状別サプリメント・健康食品検索
ビタミンC
ビタミンB群(コンプレックス)
葉酸
ビタミンE
マルチビタミン・ミネラル
カルシウム・マグネシウム
鉄・ヘム鉄
亜鉛
クロム
セレン
アサイベリー
アミノ酸
アラキドン酸(ARA)
イソフラボン
イチジク
イチョウ葉
梅(ウメ)
ウコン
ウーロン茶ポリフェノール
エキナセア
EPA・DHA
大麦若葉
カテキン
カバノアナタケ(チャーガ)
カプサイシン
花粉
カムカム
ガルシニア・カンボジア
カルニチン
カロテノイド(カロテン)
カンゾウ(甘草)
菊芋(菊イモ)
キダチアロエ
キチン・キトサン
ギムネマ・シルベスタ
共役リノール酸(CLA)
グアバ葉
クエン酸
クランベリー
グルコサミン・コンドロイチン
桑の葉
ケール(青汁)
コエンザイムQ10
ゴーヤー(ニガウリ)
コラーゲン
サイリウム
ザクロ
サメの軟骨
サラシア(ポコランチ)
シジミ
しそ油(えごま油)
シャンピニオン
白インゲン豆(ファセオラミン)
スピルリナ
セントジョーンズワート
月見草油
デビルズクロー
甜茶
田七人参
冬虫夏草
杜仲茶
納豆菌(ナットウキナーゼ)
乳酸菌
ニンニク
ノコギリヤシ
発芽玄米(発芽玄米油・ギャバ)
バナバ・バナバ茶
バレリアン(かのこ草)
ヒアルロン酸
ビール酵母
フェヌグリーク(コロハ)
フコイダン
ブルーベリー(ビルベリー)
紅麹
ホエイ(乳清タンパク)
ホスファチジルセリン
マカ
松樹皮(ピクノジェノール)
マリアアザミ(オオアザミ)
メリロート
ラクトフェリン
ラズベリー
リコピン
ルテイン
レシチン(ホスファチジルコリン)
ローヤルゼリー

当サイトは確かな資料に基づいて作成してますが、記述の内容に100%の正確性を保障するものではありません。科学は日々進歩しており、昨日まで正しいと言われた情報が、今日には誤りであったりすることもめずらしくありません。サイトの内容に関しましては、自己責任によりご利用下さい。
特定商取引に関する法律に基づく表記について
 メール
サプリメント・健康食品情報「アンチエイジング」はリンクフリーです。
Copyright(C)2005-2010 サプリメント・健康食品情報 「アンチエイジング」 All right reserved.